沪江小D・日语每日一句

2009年2月27日金曜日

中国の若手お笑い芸人・小瀋陽

ChinesePod Media - 小沈阳

小瀋陽というのは、中国東北出身の若手お笑い芸人の名前です。中国お笑い界のトップ・趙本山のお弟子さんです。今年の春节联欢晚会への出演をきっかけに大ブレイクしたんだそうです。

(注:Lesson IntroductionとDiscussionのページは誰でも閲覧できます。音声を聴くには、登録が必要です。詳しくは、ChinesePodのページをご覧ください。)

噂のコント『不差銭』を早速見てみました。白い服を着ているのが小瀋陽さんです。
 ※動画は三本に分かれています。



あらすじはこちらのブログ(chinafishさん)で紹介されていました。
       ↓
夢かうつつか? 学中国備忘録

私はこのコント、大好きです。もう何度も繰り返し見ましたが、全然飽きません。むしろ見れば見るほど、ますます面白く感じられます。

東北地方の方言を使っているので、時々聞き取れない部分もあります。それでも面白さは確実に伝わってきました。

セリフはこちらでほぼ完全に見ることができます。
     ↓
二○○九年春晚小品《不差钱》

セリフを見ながらもう一度聞いてみたら、更に楽しむことができました。

ちなみに私が好きなのは、以下のセリフです。

有…还是没有啊?
(あります…やっぱりないでしょうか?)

哈啊~☆
(はあ~ん☆)

我的中文名字叫小沈阳,英文名字叫Xiao Shenyang~♪
(わたしの中国名は小瀋陽、英語名はXiao Shenyang~♪) 

↑Xiao Shenyang~♪って、少しも英語っぽくないところがステキです(笑)

小瀋陽さんのブログを見つけました。
    ↓
童心无限——小沈阳官方博客

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

2009年2月24日火曜日

お父さんに会いたい

ChinesePod Newbie - I Miss Daddy!

宝宝,想爸爸吗?
宝宝,想我吗?
嗯......
说,想爸爸。
我想爸爸。
对,我们都想你。

by ChinesePod.com

-----日本語訳-----

ねえ、お父さんに会いたいかい?
ねえ、会いたいかい?
ん……
言ってごらん、「お父さんに会いたい」って。
お父さんに会いたい。
そうよ、私達あなたに会いたいわ。

translated by Tarcy

※メモ
「宝宝」は小さな子どもを可愛がって呼ぶ時に使う語。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

2009年2月23日月曜日

老公の学習記録(1)

「老公」(lăogōng)とは夫のことです。

うちの老公が中国語の勉強を始めました。

彼は学生時代、中国語を勉強したことがありません。でも出張で中国語圏に行くことがあるので、中国語を覚えたいと前から言っていました。

それで、半年くらい前に私が教えてみました。でも身内だと、つい甘やかしたり、色々と教えすぎたりして、うまく行きません。

彼も仕事が忙しかったり、疲れていたりで、なかなか勉強のペースが保てませんでした。それに、その時はどうしても中国語を覚えないといけないわけではなかったので、結局途中で止めてしまいました。

それが最近になって、仕事のためにどうしても中国語を勉強しないといけなくなりました。それで、週末に教室に通ってマンツーマンの授業を受けることになったというわけです。

通い始めてから、約一ヶ月ぐらいになるでしょうか。ほぼ完全に中国語のみでのマンツーマンの授業は、相当きついみたいです。授業の後はいつもクタクタになって帰ってきます。

帰宅後はいつも、その日に習った内容を私に報告してくれます。

時々中国語で一緒におしゃべりしたりもします。内容はくだらないことばかりです、本当に(笑)。

毎週おしゃべりできる内容が少しずつ増えていくので、とても楽しいです。それに、学習者の素朴な疑問やつまづき、不満などに直接しかも頻繁に触れることができるので、私も色々と勉強させてもらっています。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

2009年2月21日土曜日

単語の覚え方

もう一つのブログのほうに書いていますが、只今ドイツ語を通信講座で勉強中です。レベルはまだまだ初級です。

実は今、どうやってドイツ語の単語を覚えようかと考えていているところです。

試しに単語ノートみたいなものを書いてみたりもしましたが、二週間ぐらいしか続きませんでした。ダメですよね~。

で、他にもっと自分に合った方法がないか、探しています。

中国語の時はどうだったかというと…

確か初級の時は、習った課の単語の中から、覚えにくい単語とその意味を紙に書き出していました。そして、意味だけを見て簡体字とピンインを書く、簡体字を見てピンインを書く、ピンインを見て簡体字を書く等の練習をしていたような記憶があります。

それから、テープの音声の後について教科書を何度も繰り返して音読していました。

授業によっては背誦(暗誦)、聴写(ディクテーション)や黙写(覚えた文章を書く)が課せられていたので、その練習もしました。

以上のような練習は、漢字と発音と意味を頭の中で結びつけるのに、役に立ったように思います。

でも、これで本当に良いのかな?という疑問が常にありました。単語を知識として何とか頭に入れることはできたものの、身についたという実感がそれほど大きくなかったからです。

結局、初級の時の私は、単にインプットの練習でしか単語を覚えていなかったんですね。もちろん、インプットの練習を優先して行う必要があるのは認めます。でも、私の場合あまりに偏りすぎていたのではないかと、今振り返ってそう思います。

アウトプット、つまり話したり、書いたりする練習はほとんどやっていませんでした。身についた気がしないのも無理ありません。

まあ、当時はアウトプットの機会なんてなかった(今もそんなにないけど)ので、仕方ないといえば仕方ないのですが。

話は戻って、ドイツ語の単語をどうやって覚えるかというと…

う~ん、分かりません(笑)。
また明日考えることにします。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

2009年2月17日火曜日

エレベーターを待たせる時

ChinesePod Newbie - Hold the Elevator

等一下! 谢谢。
不用※,到几楼?
10楼。谢谢你!

by ChinesePod.com

-----日本語訳-----

待ってくださ~い!ありがとうございます。
どういたしまして、何階ですか?
10階です。どうもありがとうございます。

translated by Tarcy

※JennyとKenは「不用」の部分を「不客气」と見なして解説しています。transcriptにも「不客气」と書いてあります。しかし、実際の会話部分の音声では「不用」と言っていますので、ここでは「不用」と表記しておきました。ちなみに「不用」、「不客气」の両方とも「どういたしまして」という意味です。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

2009年2月15日日曜日

ビジネス会話シリーズ「王さんのオフィス」

ChinesePodには、ビジネスシーンでの会話が、NewbieからAdvancedまでレベルを問わず、ちょくちょく盛り込まれています。

でも、普通のビジネス会話の教科書等とは少し違っています。それは、商談などで使いそうな会話だけではなく、オフィスでの同僚との会話もかなり重視されているところです。

特に中国でお仕事をされている方やその予定がおありの方にとっては、実際に起こりうる会話の場面を想定しながら学習できるという点で、とても有用なのではないかと思います。

そんなChinesePodのビジネス会話のレッスンの中で、最近大人気(Jenny曰く)なのが、「老王的办公室(王さんのオフィス)」というレッスン・シリーズです。

(注:「王さんのオフィス」シリーズはIntermediateレベルのレッスンです。音声を聴くには、登録が必要です。詳しくは、ChinesePodのページをご覧ください。)

このシリーズは、ある会社のオフィスを舞台にした、いくつかの物語で構成されています。毎回、人間味にあふれ、かつ現実味を帯びた、同僚間での会話が繰り広げられています。

こんな内容のリスニング教材は、他に探してもなかなか見つからないのではないでしょうか?そんな教材を作ってしまうChinesePodって、本当に偉いなあ~とつくづく思います。

ところで、このシリーズには以下の人々が登場します。

・老王(王さん):加工専門のメーカーに勤めている中年男性。以前は「总经理」だった(总经理はgeneral managerの訳。日本語の「経理」ではない)。最近エクセルを使い始めたばかり。

・周俊:「新总经理」。海外留学経験あり。英語名はBill。若くて才能抜群、しかもかっこいい。

・朱丽叶:人事部の女性社員。

・吴刚:営業部の社員。海外市場を開拓中。

・赵建国:経理部の社員。

これまでのあらすじは、大体次のような感じです。

王さんが「总经理」として働いていたオフィスに、周俊という新しい「总经理」がやってきた。王さんは名ばかりの「总经理」になってしまう。周俊は王さんに代わって、会社内の改革を急速に進める。

ある日、周俊は人事部の朱丽叶を呼びだす。最近景気が悪く、リストラを検討していると明かす。そして誰をやめさせるか判断するための材料として、社員の業績と給料について報告するように彼女に命じる…

今週はこの続きを聴くことができるみたいで、今から楽しみです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

2009年2月13日金曜日

バレンタインデー「情人節」

明日は2月14日、「情人节」(qíngrénjié)、つまりバレンタインデーです。

中国では男性が女性に花をプレゼントするのが一般的だそうです。いいなあ~。でも、私はもらえるんだったら、花より断然チョコレートのほうがいいです!

結構派手に盛り上がっているみたいです。
   ↓
バレンタインに金縁のバラを 「人民網日本語版」2009年2月13日

<バレンタイン>今年はメタルカラーの「ビジュアル系」フラワーが吉!-河南省鄭州市  レコードチャイナ 2009-02-11

う~ん、私はどちらのバラも好きではありません(笑)。

こういうのはいいですね。
  ↓
「中国公安より愛をこめて!?」巨大ハートマーク出現 サーチナ2009/02/13

ところで、今日はChinesePodでも、バレンタインデーに関するレッスンをやっていました。

ChinesePod Elementary - Valentine's Special
(Lesson Introductionのページは誰でも閲覧できます。音声を聴くには、登録が必要です。詳しくは、ChinesePodのページをご覧ください。)

会話では、ある女性の家に花やチョコレートが宅配で届けられていました。そこに居合わせた彼氏が「それって誰からだよ!」と激怒。

このレッスンのコメント欄にあった、changyeさんの書き込みで、次のニュースを知りました。
   ↓
长沙男子闹市街头拉横幅抵制情人节(组图)

湖南省・長沙の繁華街で、男性グループが赤い横断幕を持って、バレンタインデーに対するボイコットを呼びかけたそうです。

あまり派手に盛り上がりすぎるから、反動もこうして極端になるんでしょうか。

バレンタインデーひとつとっても、表現・反応が色々あって、面白いですね。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

2009年2月12日木曜日

欧米人にとっての広東語

最近、ChinesePodではユーザーからの意見を募って、投票をやってます。

その中に、広東語の番組をやってほしい、という意見が出ていました。難しいのでは…と思っていたら、この意見に賛成する票が結構多くて意外でした。(でも実際のところどうなるのかは不明)

ChinesePodの会員の多くは欧米の方だそうです。欧米では広東出身の華僑が多いと聞きますが、それで広東語の人気が高いということなんでしょうか?それとも香港映画の影響でしょうか?

色々調べていたら、あるカナダの方が流暢な広東語を話している動画を見つけて、ビックリしました。



この方は、中国名を施培忠さんとおっしゃるそうです。
ちなみに施培忠さんのブログはこちら。

それから、こちらは台湾国語。素晴らしいですね。


施先生,我真佩服你!

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

2009年2月10日火曜日

あなたからどうぞ

「你先」
この言葉がとっさには出てこなくて、つい仕草だけになってしまいます(恥)。

ChinesePod Newbie - You First

来,吃吧。
你先吃。
不、不、不,你先。
你先。
你先。
好,好。

by ChinesePod.com

-----日本語訳-----

さあ、召し上がって。
まずはあなたからどうぞ。
いえいえいえ、あなたから。
あなたから。
あなたから。
はい、はい。

translated by Tarcy

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

2009年2月8日日曜日

声調の練習に役立つソフト

普段よくChinesePodを聞いているので、つい投稿内容がChinesePodのことばかりになってしまいますが、たまにはそれ以外のことも書いてみようかな、と思う今日この頃です。

では大変唐突ですが、中国語の発音、特に声調について。

中国語の発音は日本人にとって、大変難しいです。それは日本語にない発音や発音どうしの区別がいくつもあるからです。

特にどの部分を難しいと思うかは、人によって少しずつ違うかもしれませんが、比較的多くの日本人に共通して難しいと感じられるのは、声調ではないかと思います。

子音や母音と比べて、声調は習得するのにより多くの時間がかかります。ですから、すぐに声調が身につかないからといって、悲しんだり自分を責めたりする必要はありません。

参考になるかどうか分かりませんが、私の場合、日本で中国語を専攻科目として勉強して、声調をマスターするのに、二年ぐらいかかりました。

一年ぐらいで音節レベル、単語レベルでは問題なく言えるようになりましたが、文のレベルになるととたんに声調がグラグラしていました。大体二年過ぎた頃になって、ようやく文のレベルでも声調を間違えないようになりました。

日本語話者は普段声の上がり下がりを意識することがあまりないので、自分ではなかなか声調の誤りに気づくことができません。また、特に入門のうちは、子音や母音でもままならないので、声調まで気がまわらないということもあります。

先生に指摘してもらっても、自分の声調のどこがどうおかしいのか、なかなか理解できないという方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、成蹊大学の先生方が作られた発音練習用ソフトを使って練習してみてください。

こちらからどうぞ。
   ↓
中国語音声教育データベースシステム

登録が必要ですが、無料でダウンロードして使うことができます。

子音・母音・声調について説明があり、更に練習ができるようになっています。

素晴らしいのは、声調の波形を見ることができる点です。模範の発音についてはもちろん、自分の発音を録音して、その波形を見ることもできます。

自分の声調が目に見える形になって、しかも模範の発音と比べることができるので、自分の声調のクセがはっきりと分かります。声調の練習で苦労されている方は、試してみてはいかがでしょうか?

以前、NHKテレビの中国語講座で「声調弐号」という声調の波形を即座に表示してくれる機械が使われていました。こういう便利なソフトが一般に利用できると、声調の練習に役立つんだろうけど…とずっと思っていました。

正にそのようなソフトを、今は個人の学習者が無料で使うことができるんです。本当に素晴らしいことだと思います。

これからも、中国語を学習中の方々にとって役立ちそうなものがあれば(あくまでも私の独断ですが)、紹介していきたいと思います。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

(後記)
私は使ったことありませんが、以下のソフトでも声調を波形表示してくれるみたいです。一応紹介しておきます。



こちらはニントンドーDSのソフト。


iphone(私は持っていないけど)向けのアプリにも、声調の波形を表示してくれるのがあると中国語学習者でiphone使っている人にとってはすごく助かるのではないかと思いますが、どうでしょう?誰か作ってくださ~い!

2009年2月5日木曜日

このブログを始めた理由

このブログを始めてもう三週間ぐらいになるでしょうか。でも、これまでブログの方向性については何も書いていませんでした。

それもそのはず、方向性のことは何にも考えずにいきなり始めてしまったからです。実は、ただ最新のChinesePod-Newbieが聞けるウィジェットを見つけて、自分でも貼ってみたくなっただけなんです。恥ずかしい~。

このブログを始める前に、Tarcyの外国語学習日記というブログを作りました。

当初はそちらに中国語関係のことも全部書くつもりでいました。でも、エキサイトブログでは自分の好きなウィジェットを自由に貼ることができません。(関係ない話ですが、エキサイトブログは中国で見ることができないそうです)

そういうわけで、ウィジェットを貼るためのブログとして(笑)、中国語学習専門のブログを始めることにしました。

ウィジェットを貼りたいだけで始めたものなので、何を書くか迷いました。そこで思いついたのが、ChinesePodの紹介でした。

せっかくウィジェットを貼るわけだし、自分もChinesePodが大好きで聞いているのだから、自分が面白いと思ったレッスンの内容について、紹介してはどうかと。

また、Newbieの日本語訳もやってみようと思いました。

ChinesePodのmp3の内容は、原著作者のクレジットを表示する限り、一定の自由な利用がCreative Commons 3.0 Unported licenseによって認められています。なので、Newbieの内容を日本語訳することについて、著作権的な問題はないと判断しました。

でも、ちょっと心配になったので、ChinesePodにメールで相談してみました。そしたら「日本語訳を公開しても全く問題ありませんよ」というお返事を頂きました。

ChinesePodの方々、どうもありがとうございます。

というわけで、今後もChinesePod-Newbieの日本語訳を続けていきたいと思いますので、興味のある方はどうぞお立ち寄りください。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

2009年2月3日火曜日

サインお願いします

ChinesePod Newbie - Sign Here, Please

谁是王明?
啊,我是。
你的东西,请签名。
好,谢谢!

by ChinesePod.com


-----日本語訳-----

どなたが王明さん?
あ、私です。
あなたの荷物です。サインお願いします。
はい。どうもありがとう。

translated by Tarcy

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

2009年2月2日月曜日

私のChinesePod利用法

私はChinesePodのレッスンは全て聴いています。個人的にはUpper Intermediate、Advanced、Mediaが勉強になりますが、NewbieからIntermediateまでのレッスンも必ず聴きます。

NewbieやElementary等の基礎レベルは、内容が簡単だとはいえ、最も使用頻度が高いものばかりです。使用頻度が高いということは、つまりより実用的で、より重要ということだと思うんです。それに、私は普段、それほどしょっちゅう中国語を使っているわけではないので、少しでも中国語に触れる機会を増やしたい、という理由もあります。

英語の解説は、私の場合、必ずしも一言一句聞き取れているわけではありません。中国語の会話文の内容から、何を解説しているのか大体見当はつくのですが、それでも一度聴いただけではよく分からないことがあります。司会の二人が面白いことを言ってハッハッハと笑っていても、「えっ?今どうして笑ったの~?」ということもしばしばです。なので、普通は2~3回繰り返して聴くようにしています。2~3回目になると、さすがに1回目よりはずっとよく理解できるようになるものですね。ハッハッハの理由も分かって一安心です(笑)。

中国語で解説されるレッスンも、やはり2~3回聴くことが多いです。1回目はテキストを見ずに聴きます。2~3回目でどうしても見たい時や、表記が分からない単語がある時などは、見たい箇所だけさっと確認して、あとはできるだけテキストを見ないで聴くようにしています。

でも、そんなに一生懸命聴いているわけではありません。まずは内容を楽しむことを心がけて、結果的に身についていればいいかな、ぐらいに考えています。幸いなことにChinesePodは内容が面白く、あまり勉強という感じがしないので、娯楽として聴きつづけることができます。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ